BRAND CONCEPT

森にも人にもやさしい「木の手だすけ」

photo_01

本品は日本の間伐材の価値を高めることを目的としたプロダクトです。日常生活において間伐材を有効利用した製品を浸透させることで「森を守る循環」を生み出します。当商品「シェイクハンドル」は買い物袋用の木の持ち手です。日々の食料や日用品などを買った後に持ち帰る「レジ袋」等の重さから、主婦をはじめとする女性の「手のひら」にかかる負荷を軽減します。木工職人が一つひとつ丁寧に仕上げる事で、贈り物にもふさわしい手触りとデザイン性を実現しました。パッケージは商品を削りだす時に出る端材を再利用し、間伐材から生まれた製品である事を直感的に伝えます。また、木の太さや長さなどサイズが小径の間伐材でも、本品にとっては十分な大きさです。
現在、日本国内の森林は自然林、人工林ともに増え続けています。当商品は、商品の利用者だけでなく、新たな植林活動や森林の管理、雇用の拡大など“持続可能”な国産木材再生プロジェクトへと拡大することを目指しています。

This product will achieve two things.
One, this product achieves effective utilization of thinning.
And this product eliminates the stress on the weight of shopping bags.
When you have a heavy plastic bag packed with goods in shopping every day,
weight is reduced when you use our product.
And this product’s package has been used as a buffer scraps.
Consumers can intuitively understand that our product was born from the timbers of thinning.

map_01