typo_01

陽の光が森の地面まで届かない暗い森「過密林」。
かつて人の手で植えられた樹が、過剰に密集しているこの森を
活かすために必要なこととは。

間伐材といえども、元々は建材用に植えられた“価値ある樹”なのです。

1950年代の高度成長期。拡大造林政策により建材用のスギやヒノキが
植えられました。しかし1960年代の木材輸入の自由化が進み、
国内の木材需要は輸入材が使用されたのです。
さらに炭からオイルへの燃料革命、電信柱や足場材なども、
木材に代わってコンクリートで作られるようになったのです。
建材用に植えられた価値ある国内の木材の需要と供給のバランスが
変化し、現在、日本の森には過剰な数の樹が立ち並んでいます。
そしてそれらの樹に充分な栄養と陽の光を与えるために、
適正な「間伐」によって健全な森に戻す必要があるのです。

では、どんな木から間伐を進めるか。
まず曲がった木や病気の樹など、木材としてマイナス要件をもった樹から
間伐していきます。
さらに健全な樹も伐る必要があります。樹と樹の間隔、樹間を見上げて、
適正な樹木配置を人間が整えていくのです。
その樹間のバランスは自然まかせではなく、
人間が森づくりの経験と勘によって作っていかなければなりません。

植えるだけでは「暗い森」が増えてしまう。森づくりは、約60年間じっくりと。

スギやヒノキが成長するには、約60年以上の年月がかかります。
健全な森を作るためには的確なステップが必要となります。
約1haに苗木を3,000本植え、苗木の成長を助ける「下刈り」や
木材に枝の跡を残さないための「枝打ち」。
森の地面(林床)に太陽の光と、風を通し樹の成長を促す「間伐」など。

計画的な植林活動によって、土壌の生物の分解スピードをあげ、
健康な土と森を作ることが継続的な森づくりにつながっていくのです。

元々、建材用に植えられた日本の樹には、木材として価値のあるものです。
間伐材や国産の木材を見直し、利用することで日本の森への理解を深めていきましょう。

私たちの子どもや、孫の世代に豊かな森の土を残すために。

多摩川源流大学とは

多摩川源流大学は、東京農業大学が文部科学省の補助事業 「現代的教育ニーズ取組支援プログラム」に申請し、採択された教育プラグラムです。 このプログラムは「多摩川源流域における地域再生と農環境教育」という取り組みを掲げ、 授業に参加する東京農業大学の学生をはじめ社会人の方々が、源流域の山梨県小菅村での体験学習を通して 「授業で聞いただけでは分からないことを心と体で実感し、本物を知り、実践力をつける」ことを狙いとしています。

→ http://genryudaigaku.com